コラーゲンの代謝

冬場の乾燥肌対策

冬場の乾燥肌対策

冬になると空気が乾いてくるので、その影響から肌の潤いも奪われがちです。
潤いが奪われて肌が乾燥すると肌荒れ、シミ、シワなどといった肌トラブルの要因となるので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。
水分が足りない肌のトラブルを起こさない為にもお手入れをしっかりとおこなうようにして頂戴。
乾燥する時期のスキンケアのコツは肌を乾燥させないという意識を持つことです。
コラーゲンのうりである最も重要な効果は肌の効果です。
これを体内にとりこ向事によって、体内に存在するコラーゲンの代謝が活発になり、肌に潤いやハリを与えて上げる事が可能です。
体内のコラーゲンが足りなくなることでお肌の老化が著しくなるので出来る限り若々しい肌で居つづけるためにも積極的に体内に取り込向ことが必要です。
顔を洗った後の保湿は乾燥肌を予防・改善する上で必要なことです。
これを怠けてしまうと肌の乾燥をすすめてしまいます。
そのほか、クレンジングやメイク用品についても保湿、保水に優れたものを選ぶ必要があります。
これに限らず保湿効果のある入浴剤をおふろに入れたり、温度の高いお湯を使用しないと言うのもドライスキンに効果的です。
カサカサ肌の人は、お肌に優しい洗顔料をチョイスしてよーく泡立てて、出来るだけ、肌をこすらないようにして頂戴。
力を込めて洗うと肌に良くないので、ポイントとしては優しく洗うことです。
さらに、洗顔を行った後は忘れず保湿をするようにしてください。
化粧水しか使わないのではなく、乳液。
美容液クリームも状況に合わせて使用するようにして頂戴。
お肌のために最も大事なのは間違った洗顔で肌を痛めないことです。
お肌に良くない洗顔方法とは肌トラブルの原因となり潤いを失う原因になってしまう、原因となります。
可能な限り、優しく包むように洗う念入りにすすぐ、このようなことに注意して洗うお肌の汚れを落としてください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク