自分である程度抜くのみ

余分な毛措置用にシェーバーも持っています。あれは激痛がなくて、肌もあまり傷つけないし、テレビ見ながらでも出来るのが嬉しいですよね。埋没毛になってしまったとき、消毒したカッターや針で肌に傷をつけ、埋没毛を引っ張り出したりすると、先輩が言っていました。自分でお肌を傷つけるなんて怖いですね。そんなことができちゃう先輩は勇気あるなーと考えますが、やはり毛穴にとってNGージは大きそうです。自分だったら自己判断ではなく、専門家の適切な処置に任せますしかしながらね。肌の調子が悪い時は、レーザー除毛はしないほうが最善そうです。睡眠もていねいにって、最高コンディションで除毛に挑みたいだね。

脱毛はキレイにしておきたいから、痛いのを我慢していました。今でも抜くタイプの脱毛器は売ってると思いますが、激痛は僅かに押さえられているのだねー。そんなときにはあとは生えてきたら、自分である程度抜くのみでよさそうです。それほど楽ならやってみたいなのかなあ。

後輩がこの前Iラインの除毛をしたそうですが、トイレの時にかなり拭きやすくて楽だと言っていました。あとブルーデーの時もかなり楽で、快適になったそうです。市販の除毛剤や脱毛剤は、自宅でいつも単純に出来る点はベターのですが、効果が薄かったり、皮膚に合わないといういざこざもあります。カミソリで剃っても、腕やすねに比べて剃り跡が目立ってしまうのが、脇。丁寧に脱毛をして、ゴージャスな脇でいたいだよね。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク